Japonês
Inglês
Português
Instagram
Facebook

動物輸送

旅行期間中のペットの世話の問題に直面する方が多くいらっしゃいます。

もしも、ペットの世話を引き受けてくれる友人またはペット用ホテルなどに預けることができなかった場合、旅行に同行させるしかありません。


航空会社の法律では、“ ペット”は、犬・猫と制限されていますが、同時に“生きた動物は旅客機輸送が可能で貨物または手荷物と扱われる”
と記載されています。


国内線旅客運送の法律46条により、座席へのペット持ち込みが許可されています。ペットはケージに入れ、他の乗客に迷惑をかけないことが条件とされています。


ペットは手荷物の一部とされ、超過手荷物扱いとなります。

超過1キロ当たり1%の割合で手数料の支払いが必要となります。

例: 手荷物の制限重量が20kg、実際の手荷物の重量が12kg、ペットの重量が15kgの場合、

航空券料金の合計額に対して7%が超過額とされ支払いが必要となります。


ペットは360度身動きの取れるケージに収容しなければなりません。ケージは航空会社によって商品化されたものではなく、専門店で購入したものを使用し、チェックインカウンターにて健康証明書、予防接種証明書・動物通行許可書(GTA)の提示が義務付けられています。これらの証明書はSecretaria de Agricultura Estadual、または獣医、Posto do Departamento de Defesa Animalによって作成されたものでなければなりません


盲導犬や聴導犬・介助犬などの補助犬は、無料で機内への同行が可能です。

 
KIBÔ NO IÊ

Lider Corporate Turismo e Eventos LTDA - EPP  |  CNPJ: 13.520.000/0001-64

Rua Antônio Carlos, 582 - Conj. 6B - Cerqueira Cesar - 01309-010 - São Paulo / SP